ももんちゃんのあそぼう絵本の読み聞かせで赤ちゃんもぴよーん♪

こんにちは。

こちらのブログでは、月に1回、毎日の子育てに生かせる絵本の読み聞かせについてお伝えしています。

読み聞かせ×子育ては赤ちゃんとお父さん・お母さんにいいことがいっぱい!絵本を1冊手にとって、やってみてくださいね。

〇どんな絵本がいいの?

前回は擬音語・擬態語がたくさん出てくるタイプの絵本を紹介しました。

続いては、動きをまねする絵本がおすすめです。

抱っこの赤ちゃんでもできる動きがいろいろありますよ。

 

 動きをまねして楽しむ絵本 

『ももんちゃん ぴょーん』 
ももんちゃん あそぼうシリーズ

とよた かずひこ/作
童心社 800円+税

ももんちゃん ぴょ~ん

顔もまんまる、体もまんまるのももんちゃん。赤いきんぎょさん。長いさぼてんさん。

ふわふわ浮かぶおばけさん。まるっこい4人が体操をしますよ。

 

ももんちゃんが頭をくりんくりんと回すと、きんぎょさん、さぼてんさん、おばけさんもくりんくりんくりん。

今度はゆっくり腕をぶらんぶらんぶらん。

動きは単純なものばかりなので、かわいい絵につられて、赤ちゃんもまねできますよ。

 

読みながらお母さんも一緒に体を動かすと、いっそう効果的です。

言葉と動きが結びついて赤ちゃんによく伝わるので、どんどん動いてくださいね。

 

うさぎさんとかえるさんもやってきました。

ぴょんぴょん跳んでくる姿に赤ちゃんも何か予感がするようです。

そう、ももんちゃんもぴょーん!やったね!赤ちゃんもにっこり。

見開きいっぱいに、みんなそろってぴょーん!のページは本当に気持ちよさそう。

 

赤ちゃんを抱っこでぴょーんとすると、きゃっきゃっと喜びますよ。

楽しくて足をバタバタさせる赤ちゃんも。何回もやって、お母さんの腕が痛くなるくらいです。

 

立てるお子さんは腕をいっぱいに伸ばして跳ぶまねをしたり、ずっとぴょんぴょん跳び続けたり、このシーンだけで長いこと遊べます。

 

そして、着地のシーン。とん、すとん、それぞれのポーズできれいに着地しましたよ。

足のないおばけさんもね、ふわっと。みんなよくできました~パチパチ~。

元気にぴょーんしたお子さんもパチパチ、パチパチ~。

 

大人から見ると単純な動きでも、赤ちゃんにとってはりっぱな運動になります。

適度な運動は心身の発達を促すので、無理のない程度にやってくださいね。

「楽しい!」「できた!」が実感できる読み聞かせにおすすめの絵本です。

 

その他、こちらもおすすめ!

『こちょこちょももんちゃん』 
ももんちゃん あそぼうシリーズ

とよた かずひこ/作
童心社 800円+税

こちょこちょ ももんちゃん

こちょこちょでふれあいができる絵本。おすわり前の赤ちゃんにもおすすめ。

 

『だるまさんが』  

かがくい ひろし/作
ブロンズ新社 850円+税

表紙:だるまさんが

一文字ずつゆっくりリズミカルに動いて、オチあり。まねできるかな?

 

 


↓
お問い合わせはこちらから