よみきかせシアター 7月もありがとうございました!

暑い日が続いていますね。セミの声が名古屋の暑い夏をいっそうもりあげてくれています!

7月のよみきかせシアターは、「海」をテーマにお送りしました。

毎回、暑さに負けない元気なお子さんの笑顔であふれていて、こちらもたくさんの元気をもらうことができました。

 

よみきかせシアターでは、絵本の読み聞かせだけでなく、歌をうたったり、手遊びをしたりして、0歳から3歳のお子さんに楽しんでいただいています♪

 

7月はじめの梅雨の時期には、『てるてるぼうず』や『あめふりくまのこ』をお子さんと一緒にうたいました。

みなさんいつも、「今週の歌は何かな?」と楽そうに話しながら、2階へ上がってこられる姿がほほえましいですね。

くまの絵を見つけたときには「くまさん!」と指さしたりして、楽しそうな笑顔で満たされています。

 

ほかにも、『ぞうさん』や『メリーさんの羊』などのおなじみ曲をうたいました。ふだんあまり聞かない2番の歌詞まで聞いていただいたため、「こんな歌詞だったんですね!」とお母さんもびっくりされていました。

ご自宅でもぜひ、お子さんと一緒にうたってあげてくださいね♪

 

手遊びは、「海」にちなんで、海の中の生きものを作って遊びました。

グー・チョキ・パーでカニさん、クラゲさんを作って、海の生きものとたわむれるかのように楽しんでいただきました。カニ歩きが上手なお子さんには、みんなが拍手してくれたほど。小さな手を動かして、とってもかわいらしくできていました。

 

また、一本指でこちょこちょの手遊びをしました。

赤ちゃんはお母さんが優しくタッチすると、にこにこの笑顔を返してくれます。

「ここで覚えた手遊びをうちでもやってます。すっごく喜ぶんです」という方も多く、私たちもうれしい気持ちでいっぱいです。

 

そしてもちろん、絵本の読み聞かせも行っています。

よみきかせシアターの読み聞かせは、絵本と遊べる体験型です。

7月の読み聞かせでは、おさかなが何匹いるかなあと、ぽこぽこしたおさかなにさわって、数えながら絵本を楽しんでいただきました。

おさかなの数が減っていく絵本もあれば、増えていく絵本もあるんですよ。みんな元気な声で「1、2、3…」と数えることができました。

 

パズルしかけ絵本では、バラバラのピースをくっつけて、きれいなおさかなをつくりました。

ピタッとはまると「やったー!」とうれしそうな顔を見せたり、両手に1つずつ持って、くっつけたり、パタパタしたり、並べたりして、長いあいだ遊んでいるお子さんもいらっしゃいました。

厚手の絵本は、赤ちゃんがさわっても破れにくいのでおすすめです。手先・指先が器用になっていく時期に、絵本を使っていろいろ遊べますね。

 

そして、みんなのお楽しみ、紙芝居も行いました。

よみきかせシアターには、動物、食べ物、乗り物などたくさんの紙芝居をそろえています。

ドアをトントンしたり、「はーい」とお返事したり、楽しく参加できますよ。

みんなで同じ空気を共有できる紙芝居は、よみきかせシアターならではのものです!

 

8月は「山・森」をテーマにお送りします。

森をイメージした空間のよみきかせシアターには、まさにぴったりのテーマです!

お子さんと一緒に、お気軽に遊びに来てくださいね♪

⇒よみきかせシアター 詳細はこちら

 


↓
お問い合わせはこちらから