パネルシアター(パネル布を貼った舞台を使ったおはなし会)

~パネルシアター(パネル布を貼った舞台を使ったおはなし会)~

<日時>
11月28日(火) 11:00~11:45

<参加費>
1,500円(税別)

<作・演出>
関稚子 氏

 

パネルシアターとは、パネル布を貼った舞台に絵(または文字)を貼ったり外したりして展開する、おはなし、歌あそび、ゲームをはじめとする教育法、表現法である。1973年に浄土宗西光寺の住職、古宇田亮順によって創案され(初出・古宇田亮順 家入脩 共著『パネルシアターのうた第1集』大東出版社 1974)、以来、保育園・幼稚園・小学校などの保育・教育現場を中心に、実演が広まった。(WIKIから)

 

【関稚子(せきわかこ)氏 プロフィール】

(株)フジテレビジョン入社後、テレビ幼児番組「ママとあそぼうピンポンパン」のディレクターを経て、CMコピーライター、保育誌エッセイスト等を経験。

その後パネルシアター創案者、古宇田亮順氏に出会い、師事。

1982年、パネル劇場「ぱねるっぱ」設立。

公演活動の他、各種講習会、講演会、ワークショップ等、パネルシアターの普及に尽力。

青山子どもの城 人形劇フェアに参加
池袋いけいけ人形劇まつり プロデューサー参加
いいだ人形劇フェスタ ワーク講師93年から参加
日本幼年教育研究会講師
昭和女子大学外部講師
日本ウニマ(国際人形劇連盟日本センター)会員

「全国読み聞かせリレーション」に参加し、パネルシアターを使った演じ方を全国で指導。淑徳幼児教育専門学校で長年講師を務め、多くの学生の支持を集める。東京都在住。

<主な著書>

「パネルシアターであ・そ・ぼ」シリーズ
「0・1・2才のふれあいパネルシアター」シリーズ
「あそべるえほん パネルメイト」シリーズ 他

 

 

 


↓
お問い合わせはこちらから