コミュニケーション能力を育む「読み聞かせ教室」~どうわのもり ことばのうみ~

世界でここだけ!
0~6歳向け能力開発!

 

コミュニケーション能力を育む
「読み聞かせ教室」
~どうわのもり ことばのうみ~

第10期生 生徒募集
2020年4月から3か月間(週1回)

 

10期生の開始は4月19日(日)からです。移転先の千種区星が丘元町(駅徒歩2分)の教室にて行います。

 

 

三つ子の魂百まで!幼児期までの脳の育み方が生き抜く力を養います!

読書先進都市ドイツ・ブレーメンのプロジェクトを基に構成したプログラム!

 

体験&説明会のご案内

【参加費】

500円(税込)
(お子さまお一人につき)

 

【日時・場所】

*当初、3月に長久手文化の家にて予定しておりましたが、先般政府が公表した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を受け下記に延期・変更いたします。

 

●4月16日(木)

  • 10:00~10:30
  • 11:30~12:00

 

上記の日程でご都合がつかない場合は、 個別に説明会&体験をいたします。

14日(火)15日(水)17日(金)の中で、ご希望の日時をお知らせください。

 

(上記の日程から変更する場合は、追ってご連絡いたします)

 

名古屋市千種区星が丘元町15-16
WIZ星ヶ丘A-2

⇒アクセスはこちらから

(画像はイメージです)

 

【申し込み方法】

*お子さまのお名前・お年・性別とご希望の日時を、HPお問合せフォームにてお知らせください。

*説明会終了後、個別相談の時間を設けます。先着順になりますので、ご希望の方は「個別相談希望」とご記入ください。

 

読み聞かせ教室とは

お子さまの脳の成長は乳幼児期での過ごし方で決まります。ただ読んで聞かせる読み聞かせではなくそこに表現することを加え、想像力の右脳だけでなく、思考・論理力の左脳と両方のバランスを育むのが望ましいです。

本校では、紙芝居等を使って言語の世界を発見する機会を作ってまいります。

入園や入学の前に、お子さまとの時間を大切にしながら多くの可能性に出会っていただくお手伝いをさせていただきます♪

お子さまの自立・自律のために「今」しっかりと心と脳の土台づくりをしてみませんか!!

 

内容

●少人数制(定員3名)にて、お子さまひとりひとりに応じてお声がけしてまいります。

●年齢別クラスにわけて成長に合わせたプログラムで行います。

  • こっこクラス(0~1歳児)
  • ねこクラス(1~2歳児)
  • いぬクラス(2~4歳児)
  • ろばクラス(4~6歳児)(6歳児~)

●授業は週1回・期間は3か月1クールとなります。(継続も可能です)

 

*その他詳細は、体験&説明会にてご案内いたします。

 

Q&A

Q:生後何か月から入校できますか?

A:生後3か月からご参加いただけます。

Q:本を見ないし地域の読み聞かせでも歩き回っているので心配ですがそれでも参加できますか?

A:お子さまは体で聞いているので、たくさん言葉を聞かせてあげたいですね。

Q:兄弟での参加も可能ですか?

A:できればお一人ずつ受講していただくことをおすすめします。個別のご相談も承っております。

Q:都合が悪く、その週の授業に参加できないときはどうなりますか?

A:同じ週の同じ年齢クラスの曜日に振り替えができます。振り替えができない場合でも次週にご説明させていただきます。

 

体験談(1~8期生の保護者の方の感想)

 

  • 絵本や紙芝居が好きになり集中してきけるようになりました。
  • おうちでも授業の復唱を楽しんでいますが明らかに語彙力が増えました。
  • 他のお友達からも良い刺激をいただきました。  
  • 親子の会話のきっかけが増えて楽しかったです!   
  • 自由でのびのびと学べてよかったです!

 

みなさまの説明会へのご参加をおまちしております。

 

インストラクター

【山田良子】

一般社団法人 読み聞かせ教室
代表理事

国立岐阜大学教育学部音楽科卒・幼・小・中・高教員免許保有。元中学校教諭。1988年からブレーメン・オーナー。

●メッセージ●

0歳からの読み聞かせの教室というイメージから、「まだ言葉も話せないから参加するには早いのでは・・」「歩き始めていろんなものに興味がわき絵本を見てない&話を聞けないから無理なのでは・・」という思いを抱かれるかもしれませんが、実はこの時期にこそ意識的にたくさんの言葉を聞かせてあげることをおすすめします。

お子さまはお腹の中にいるときから大人の声を聞いていますし、動き始めたころでも実は体でしっかりと聞いています。

かつては大家族や地域との交流の中で大人が会話するのを聞いて子どもは育ち、知識よりもまず人間の知恵を吸収することができました。核家族化がすすんだ現在では絵本の読み聞かせがその代わりになっていて、言語発達、脳の発達をも促す良い機会なのですね。

読み聞かせ教室では受け身ではなく遊びながらでも、動き回りながらでも、お子さまが自由にのびのびと探検できる環境の中で多くの生の言葉に触れて頂きたいというのが一番の願いです。

教材もお子さま一人一人の月齢、個性に合わせてお届けしてまいります。親子の強いきずなつくり、そして参加のみなさまとの楽しい交流の場となれば幸いです。

 

【真野好美】

愛知教育大学教育学部卒。幼・小・中・高教員免許保有。1児の母。

●メッセージ●

お一人お一人のお子さまの個性に合わせ、 親子がリラックスして楽しく参加できる授業を心がけています。みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

↓
お問い合わせはこちらから