ABOUTブレーメンについて

初めての方限定体験&説明会

PURPOSEブレーメンがめざすもの

絵本や物語の世界と
五感でつながることで、
可能性を広げる
たくさんの力
を育みます。

五感を表すツリー

ただ「文字が読める」「おはなしが理解できる」ことだけが読み聞かせの力ではありません。
ブレーメンが大切にしているのは、絵本や物語の世界を心から楽しむこと、そしてその喜びを自分の言葉で表現したり、ひとと分かち合ったりすること。
自由に感じ、楽しみ、心を通わせる経験の積み重ねが豊かな感性を育み、さまざまな個性を芽生えさせる素地となります。
親子のきずなをベースに、読み聞かせを通じて楽しくムリなく、自然に「生きる力」を身につけていく、それがブレーメンがめざす人間教育です。

POINT読み聞かせで、
期待できる効果

POINT-01
絵本

たくさんの
美しいことばにふれられる

美しいことばに満ちた良質な絵本や文学から登場人物の思いを読み取ったり、イメージをふくらませたり、感じるこころを育てることは「未来を生きぬく力」の土台づくり。自ら考え、多様な他者と調和しながら主体的に行動する豊かな人生への道すじになります。

POINT-02
双眼鏡

可能性を広げる
きっかけがある

ブレーメンに通ってくださっている生徒さんから「よみきかせを始めて、今まで気づかなかった子どもの個性や興味関心と出会えた」というお声をよく耳にします。他の遊びや習いごとでは得がたい親子の一体感を通じて新しい発見ができるのも魅力です。

POINT-03
絵本を一緒に読む親子

家族の会話や
ふれあいが増える

よみきかせは親子で楽しむ時間。「今日はだれに読んでもらおうかな」「主人公の声まねをしてみよう」など、家族のコミュニケーションも生まれます。それはいつか必ず「やってよかった」と思っていただける宝物のような時間になることをお約束します。

読み聞かせQ&A

STORYブレーメンのあゆみ

原点はおもちゃ専門店 STORY-01

1988年、名古屋市名東区藤が丘に誕生したおもちゃ専門店。元中学校教員だった山田良子が「子どもたちに夢を届けたい」との思いから開いたその店こそが、「ブレーメン」の原点です。ブロックや積み木などの知育玩具からボードゲーム、ままごと、プラモデル、キャラクター雑貨まで充実の品揃えと、工夫を凝らした店づくりが評判となり、「ブレーメン」はたくさんの親子が足を運んでくださる店に成長しました。

おもちゃ専門店

読み聞かせとの出会い STORY-02

転機が訪れたのは、絵本の取り扱いと読み聞かせの時間をスタートさせた2012年のこと。お客様と日々ふれあう中で、幼い子どもとお母さんが身近な「居場所」をさがしていることに気付き、その支援に少しでも役立ちたいと考えたのです。そしてオーナーの山田自身も、読み聞かせの楽しさや教育的意義を再認識し、読み聞かせ教室(ブレーメン)の原型となる「童話の会」や大人の読書会などの活動を広げていきました。

読み聞かせ

ドイツ式に魅せられて STORY-03

オーナーの山田が2016年に、読書先進都市のドイツ・ブレーメン市でご縁を得たことが、ブレーメンのさらなる進化のきっかけとなりました。絵本や物語をただ読んで聞かせるだけでなく、そこに心で感じたままの表現やコミュニケーションを加え、人生を豊かにするさまざまなチカラを育んでいく・・・そんなドイツ式のアクティブラーニング手法に共感し、2017年に思い切ってブレーメンの業態を転換。「よみきかせ学校」を開校しました。

ドイツ ドイツ

読み聞かせ専門教室へ STORY-04

よみきかせ学校は、都度入館もできる絵本のテーマパーク的な存在として親しまれましたが、読み聞かせのすばらしさをもっと広く、深く伝えていきたいと感じた私たち。そこで2020年に名古屋市千種区星ヶ丘エリアに移転し、「読み聞かせ教室(ブレーメン)」として再始動しました。それを機に、通学制のレッスンに加えてオンラインレッスンもスタート。未来を担うひとりでも多くの子どもと関わり、その子らしい育ちを応援していきたいと考えています。

読み聞かせ専門教室
読み聞かせをするブレーメンのスタッフ

LESSON法人概要

法人名
一般社団法人読み聞かせ教室
代表者
代表理事:山田良子
事業内容
スクール事業(親子向け読み聞かせ教室・オンライン読み聞かせ教室運営)、研修・セミナー企画運営事業(一般向け・専門家向け読み聞かせ講習運営)
TEL
0120-54-2355

TEACHER講師紹介

山田 良子Ryoko Yamada

一般社団法人読み聞かせ教室 代表理事

幼・小・中・高教員免許保有。元中学校教諭。1988年~2020年藤が丘ブレーメン(絵本・雑貨・玩具専門店)オーナー。
2020年4月から一般社団法人読み聞かせ教室代表理事。
関ヶ原醸造株式会社常務取締役。

ブレーメンの講師
01

真野 好美Yoshimi Mano

幼・小・中・高教員免許保有。
1児の母。

ブレーメンの講師
02

ブレーメンがめざすこと。
それは、子どもたちの人生を
より幸せにする
お手伝いをすること。

お子さまに読み聞かせをする目的はなんでしょうか。
「本好きになってほしいから」「早くことばを覚えてほしいから」「将来、勉強ができる子になってほしいから」。確かにそれも大切な理由です。
でも、ブレーメンは読み聞かせを通して、何よりもお子さまの「感性」を育むことを大切にしています。
感性は樹木にたとえるなら、根の部分。広く深く根を張った樹木は、大地から栄養をぐんぐん吸収し、たくさんの枝葉を付けながら真っすぐに伸びていくことができます。子どもの育ちも同じで、一人ひとりが本来持つ個性や能力を十分に引き出し高めていくためには、樹木の根にあたる感性を育まなければなりません。それも、できるだけ早い時期に。

読み聞かせ教室(ブレーメン)のカリキュラムは、私自身が体験して感銘を受けたドイツ・ブレーメン市の読み聞かせプロジェクトをベースに、独自のアレンジを加えています。知識を詰め込むだけの教育ではなく、親子で楽しみながら取り組める方法を実践することで、子どもが自ら感じたり、発信したり、行動したりできるよう、働きかけを行います。そしてその積み重ねがやがて根となり、生涯役に立つ幹や枝葉になっていく・・・そんな教室です。
子どもたちの生き生きとした表情や「もっとやりたい!」という声があふれる教室へ、ぜひ一度お越しください。みなさまとお会いできることを楽しみにしています。 読み聞かせ教室(ブレーメン) 代表 山田良子